12/2 ロボット教室 11月はパカラー パソコン 英会話 韓国語 iPad ロボット教室のカイカ

11月のロボット教室は4足走行の馬型ロボット「パカラー」です。重心の移動を考えて作ります。どうすれば安定して歩かせることができるか?子供たちの創意工夫が楽しみですね。


今ロボット教室では「兄弟同時入会キャンペーン」を実施中です。

11月20日(金)~12月28日(月)までに兄弟で同時入会された方が対象。

双方にロボット教室本部から5,000円分の図書カードをプレゼント!!

0 コメント

8/26 ロボット教室全国大会へ行く パソコン 英会話 韓国語 iPad ロボット教室のカイカ

東京大学へ!

千歳船橋 祖師谷 砧 成城

 

教室長の澤嶋です。

2015年8月22日(土)は、ヒューマンアカデミーのロボット教室の全国大会のため、観覧のため教室はお休みとさせていただきました。

 

当日は、澤嶋、綾乃先生、遠藤先生の3名で、文京区本郷にある東京大学に行ってまいりました。

 

ロボット教室の注目度が年々うなぎのぼりで、今年は観覧席400席のところに900名以上の参加が見込まれているとのこと。

大変盛況そうです。


 

会場は伊藤謝恩ホール

昨年は、ロボット教室を開講させていただいたばかりで、全国大会は見送りしましたので、今年は気合を入れて2時間前から席取りに並びました。東大はそう、めったに来れる場所ではありませんので、とても楽しみでした。

広い敷地ですが、会場となった伊藤謝恩ホールは、丸ノ内線の本郷3丁目駅や、大江戸線からも近く、赤門のすぐとなりです。

 

とても綺麗な建物ですね。

順番待ち…

朝9時ぐらいに到着して、順番は前から3番目でした。この日は気温も高く、対応されているヒューマンの社員さんも、お水を配ったりして、熱中症にならないようにと、ずいぶんと気を使われていました。

 

予定より30分ほど早く開場して、謝恩ホール地下2階の受付前の涼しいところで待たせてもらうことになりました。

 

出場者のご家族は特等席で、優先して入場されています。

今年は、カイカからはアイデアコンテストに3人がチャレンジしましたが、残念ながら全国大会出場はできませんでした。


来年は期待したいですね。


大人顔負け!アイデアコンテスト

まずはアイデアコンテストからです。

ミドルコースからは4名、ベーシックコースからは8名、生徒が自ら考えたアイデアで作成したロボットをプレゼンします。

 

午前はミドルコースの生徒の発表からで、一人ひとりが工夫を凝らしたオリジナルロボットを檀上でプレゼンします。

愛知県の生徒さんで、オートブリッジカーという、川の対岸で人を救助することをテーマに、自走して、橋を自動でかけて、上に乗っている自動車が対岸まで辿り着くことができるロボットが、限られたパーツと1つのモーターでここまでできるの!と、びっくり。特にすごいなぁと思いました。


遠方は沖縄、中国の生徒さんまで。

想像もつかないようなアイデアと、堂々たるプレゼンは、大人顔負けです。

 

さすが、ロボット教室で育った想像力や技術力はすごいなぁと感心しまくりでした。



 

見ていてハラハラ、テクニカルコンテスト

 テクニカルコンテストでは、センサーでラインにそって走る車型ロボットのスピードでスピードを競います。コーナーでは、センサーがラインを見失ってその場で車が回転してしまい方向転換してしまうこともありますが、そのようなケースでも、逆にスタート地点へたどり着けばOKのようです。

単純にスピードを競うだけではなく、そういったアクシデントもありますので、見ているほうもハラハラします。


ゴールにたどり着いたときに、フラッグがあがるようにしたり、これも子供たちがキットで作成していて、面白みがありました。




予想以上の観覧者

メイン会場は400人程度まで着席できるようですが、年々ヒューマンアカデミーロボット教室全国大会への注目が高まり、今年は定員を大きく超えて1000人ちかくの観覧者が集まったようです。


そのため、会場に入れなかった方のために、別会場にてライブ映像を観覧できる席も用意していましたが、せっかくなら生で見たい!という方で、立ち見の方も目立っていました。







 

ロボット教室全国大会を振り返って

途中、昼休憩のときは、せっかく東大にきたということで、学食に行きましたが、あまりにもの混雑で(ほとんどが大会観覧者)、食券を買うのに30分、セルフサービスで食べ物を受け取るのに30分と、後悔するほど行列に並びました。でも、めったに食べる機会がない学食、リーズナブルでけっこう美味しかったです。

 

大会後半は、OBの生徒の発表会、高橋先生の講演、最後は入賞者の発表と賞品の授与式で幕を閉じました。

実は、当日は夕方から愛知県へ行く用事があったため、落ち着いたら途中で帰ろうかなと思っていましたが、講師3人とも夢中になり、結局、最後まで観覧しました。

 


今までは、決して軽い気持ちではありませんが、毎月決まったロボットを何となく作ったり、教えていました。

全国大会に参加してみて、ロボット教室の夢が広がり、

講師も非常に刺激になりました!

来年はカイカの生徒さんからも、出場する子供が出てくることを期待しています。


当日の詳細は、ヒューマンさんのホームページでもご覧いただくことができます。


0 コメント

4/30 ディアゴスティーニ Robiを作る その1 パソコン 英会話 韓国語 iPad ロボット教室のカイカ

Robi、買ったよ!


世田谷区 千歳船橋 祖師谷 砧 成城


ディアゴスティーニ、ご存じですよね?

毎号届くパーツを使って、男心をくすぐるいろいろなものが作れる、TVCMでお馴染みのあれです。

 

あれ、ついに購入してみました!

 

ロボット教室がきっかけ


東京大学准教授でロボットクリエイターの

高橋智隆氏がデザインしたロボットRobi(ロビ)です。

 

カイカは、2014年6月より高橋先生が監修する

ヒューマンアカデミー株式会社のロボット教室を始めました。


それまで、はっきりいってロボットにはあまり興味がありませんでした。

澤嶋が子供の頃は、その頃の年上がマジンガーZとか

同年代は機動戦士ガンダムとか… あまり思い出せないけど

特に男の子はロボットに熱を上げている友達も多かったです。

 

オイラはというと…

両親が厳しいせいもあって、ロボットやテレビアニメ系は一切、見させてくれませんでした。

唯一、黙認されていたのはドラえもんぐらいだったかな。

 

今どきの子供たち


今の子供ってデジタル&ネット世代どっぷりですよね。

 

ウチの次男「C乃介」君も

iPadを渡せばごらんのとおり。

 

足まで使って操作しちゃいます(;・∀・)

 

今の時代はスマホとか、パソコンとか当たり前ですけど、それを否定したい気持ちも少々あります。

 

公園まで行って友達同士とDSをやっていたりとか、スマホでしかコミュニケーションをとっていない子供たち。

 

見ていると、心配というか、少々切ないですね。

 

 

携帯が当たり前の時代ぐらいから、友達に電話をするのにも、親との対応がめんどくさい自宅に電話しなくても、本人の携帯に直接電話しちゃえばいいわけだし。

 

それどころか、メールやLINEを使えば、声を発することなく、すぐその場でコミュニケーションが取れてしまいます。

 

こんな今どきの機器を、子守に使ってはいけないと思いつつも、これからの時代を生き抜く子供たち。

触らせないわけにはいかないですよね。


ふつーの人って、パソコンがどういう仕組みになっているか、考えながら操作をしていませんよね。

「押せば動く」といった感じ。


こどもたちには、パソコンやネットも大事ですが、

もう少し仕組みや科学にも興味をもってもらいたいところです。

 

ロボット教室すごい!


ロボット教室を開講したのは、最初は日パ連というパソコン教室の組合の中で、同業者さんが始めていたのがきっかけでした。

 

それまでも、ロボット教室の存在は知っていましたが、まさかカイカで始めることになるとは、そのときは想像していませんでした。

 

教材の提供元であるヒューマンアカデミーさんから、説明を聞いたときに、ロボットの動きを見てとても感動しました。


なんというか、幼いころの想像力や感動が思い起こされた感じがしたのです。

 

Robiとは見た目は違いますが、ロボット教室で作成する、高橋先生が考えたロボットは、どれも個性豊かで、愛くるしい、かわいらしい見た目や動きが特徴的です。

機械的なものに興味がない方でも、親近感が湧くのではないかと思います。


「ただのレゴじゃん」とおっしゃる方もいますが、かなり違います。中をみると複雑にギアやモーターが組み込まれています。仕組みや発想力に関心しきりです。


それを見ると、自分が小さい頃に、こんな教室があったら、絶対に通いたかったし、もし通っていたら、今よりもっと天才になっていたのではないか?(クレームは受け付けませんが)と感じたぐらいです。


子供って、興味から入ると、驚くほど進化するじゃないですか。

学校の宿題や、いやいや通わされる塾とは違い、

ロボット教室は、子供たちが笑顔で「やってみたい!」となるところがすごいなと思いました。

遊びながら学べる、という仕組みに強く共感したのです。


とにかく、学んでみよう。


近い将来、日本も世界でも、

今よりも、ロボットがもっと身近になって、仕事に、介護に、医療に、様々な分野で活躍をしているのではないかと思います。


その子供たちに教える先生も、もっと勉強しなくてはいけませんね。

 

なので、まずは高橋先生の作品を知るところから始めたいと思い、ディアゴスティーニのRobiを購入したのです。

 

 

つづく。

 

0 コメント

4/25 ロボット教室体験説明会(無料)予約受付中! パソコン 英会話 韓国語 iPad ロボット教室のカイカ

世田谷区 千歳船橋 祖師谷 砧 成城

 

カイカのロボット教室ですが、開校からもう少しで1年が経ちます。おかげさまで生徒数も増え、好評をいただいております。

 

つきましては、クラスを増やすことを検討し、あらたに体験説明会を開催することになりました。

 

2015年4月29日(水・祝)13:15-14:15 定員8名様 残2名(4/25現在)

2015年5月2日(土)13:15-14:15 定員8名様 残3名(4/25現在)

 

体験説明会は、主に小学生を対象に、無料で参加いただけます。

お子様には1時間程度で作成できる「クロールロボット」を作っていただきます。

お付添いの保護者様には、ロボット教室のシステムについて説明をさせていただきます。

もちろん、ご入会の義務はございませんので、

お子様がロボット教室にご興味があれば、ぜひご参加いただけたらと思います。

 

事前予約制となっておりますので、

お電話にてご予約ください。

フリーダイヤル 0120-023-470

担当:遠藤(えんどう)鈴木(すずき)までお気軽にどうぞ。

受付時間:月~土 9:00-20:00


※先着順で締切とさせていただきます。

0 コメント